萌 芽 


夢農場・風の詩のメイン農場は、長崎市北部の鳴見町にあります。
Webマスターの私で当農場は3代目となりますが、ここで少しだけ
夢農場・風の詩の歴史をご紹介しましょう。



これが初代園主の祖父、
龍作じいさんです。
相当若い時の写真です。
(今の私より若いでしょう<笑>)
野菜畑(キャベツでしょうか)で野菜を持ってポーズ。得意気
な祖父。肥料は、必ず自分で食べて味を観ていたといいます。
研究熱心な男でした。
1967年に山を購入。ここが、開墾を始めたばかりの夢農場
のメイン農場です。ごらんの通りただの「山」だったんですよ。

私も同年生まれてますから私と、この畑は同級生。
最初はミカン畑からスタートしました。
当時はミカンを作れば食えた時代でした
しかし、ミカンの好景気は長く続かず価格低迷にあえぐ時代が
やってきます。そこで、2代目の父は葡萄との複合経営を決意
しました。昭和57年の事でした。当初は、露地での栽培でした
が、風雨による病気が多発したため、雨除け栽培にしました。
そうするうち3代目が、就農。1998年です。
その後、施設が老朽化したことと、更に風に強い施設をという
ことでパイプハウスを建造しました。2000年の事です。その
間に、柑橘類は、温州ミカンを減らしポンカンやハルミを増やし
ています。また、それまで巨峰がほぼ100パーセント占めてい
た作型から、色々な葡萄を栽培することにしました。

 
その後、母親が体調を崩したり父親の高齢化に伴い、作業の省
力化を目指すことに。
 以前から取り組みたかった果樹、「ブルーベリー」栽培に着手

2006年、葡萄栽培をしていた急斜面を改良。我が園の新しい仲
間、「ブルーベリー畑」が完成しました。

しかし、土作りにはかなり苦労することに・・・。
 
でもそこは、開拓者(フロンテイア)精神で取り組みます。2011
年より少しずつ収穫開始です。
萌 芽 
テツ(柴犬)と太郎(雑種)です。最高に
仲の良かった兄弟のような犬です。賢く
楽しく葡萄園を守りました。今となっては
故人(犬?)です。2人とも永遠に!
彼女の名前は、ミミ。上の2匹の犬の後
輩として農場に就職。あとからやって来
ましたが、体が大きいため、テツの死後
すぐに太郎を攻略。女王の名を欲しいま
まに・・。太郎の死後はボーっと昼寝をし
たり、おやつを食べまくる毎日。有機肥料
(う〇〇)担当。
でしたが、残念ながら2009年11月に失
踪。生きていればもう19歳。
いつかまた会いたいね。天国で。