葡萄

〜可憐で小さな果実に詰まった機能性〜

 ここ十数年で日本中に広まりつつあるブルーベリー栽培。ブルーベリーよりも甘い果実はたくさんあり
ますが。その人気の秘密はなんといっても健康機能性食品であることや、様々な加工が可能だというこ
とに尽きます。
ブルーベリーといっても、大きく分けると「ハイブッシュ系」「ラビットアイ系」「ローブッシュ系」に分かれま
す。
夢農場では九州であることや、葡萄の作業との関連を考慮し、ラビットアイ系の樹を多く植えました。
我が園の品種は、テイフブルー、ウッダード、ブライトウェル、ホームベル、オザークブルー、オースチン
の計6種です。(この他にも色々と試験栽培はしています。)
       (このページの写真のうち、テイフブルーは大関ナーセリー(苗木業者)さんのカタログより抜粋しました。)




テイフ・ブルー
(クララ×エセル)

 ご存知、ラビットアイ系の定番選手、テイフブルー。ラビッ
トアイ系の標準品種といわれ、世界各国で最も広く栽培さ
れている。(1955年発表)

古い品種ですが、常に高い評価を受ける優等生。
種子のざらざら感も少なく、樹上で十分に完熟させると非常
に甘くて美味しいです。


 



ウッダード
(キャラウエイ×エセル)

こちらもラビットアイ御三家と言われる品種の中の一つ
ウッダード。なかなかに大粒で甘い品種です。1960年
発表の古い品種。収穫期はテイフブルーよりも少し早い。



ブライトウエル
(テイフブルー×メンデイトー)

ブルーベリー好きな人には大変評判のよい品種。味良し
形良し。欠点はあまりありません。個人的にも好きです。
ブライトウエル。1981年発表。




ホームベル
(マイヤーズ×ブラックジャイアンツ)

 御三家の一つ。ホームベル。こちらも1955年発表の古
い品種。古い品種がまずくて優れていないということはあ
りません。オタクには評判が悪い品種ですが、私はこの中
では一番好きな味です。甘いです。



オースチン

(ウッダード×ガーデンブルー×ブライトウェル)

 1996年に発表の比較的新しい品種。
園主お薦めの逸品。酸も少なく美味しいです。ウッダード
とブライトウェルが血にはいっているのもうなずけます。

オザークブルー
(G-144×FL64-76)

 1996年に発表の比較的新しい品種。実は明るい青で
ラビットアイ系の中では大粒です。大粒の為仕上がりに
時間がかかりますが、酸が抜けると正に美味です。
我が園では唯一サザンハイブッシュ系。
一番最初に熟します。