フルーツの加工と言えば真っ先に来るのが、ジャム。
今回はロザリオ・ビアンコのジャムを作ってみましょう。
とはいえ、写真のような贈答用は使いましぇん。
もったいないから(笑)
材料・・・・・葡萄1キロ。砂糖250g。レモン4分の1



@葡萄は、煮る前に包丁で実を二つに割り種を抜いて
おきます。又、皮はむきません。皮はあったほうが断然
ウマイっと園主は思うのであります。また巨峰などの黒
系葡萄は、ポリフェノールの摂取も考え、是非皮付きで
チャレンジしてみてください。
A火は強めでいいですよ。鍋から離れられないですが
コトコト煮詰めましょう。
B写真のようになるまで(火をつけて約30分)形が崩れてきたら、
砂糖とレモンを加えます。砂糖は甘味料というより、保存料ですから、
自分で作ってすぐに食べる方は、葡萄の量の4分の1の量で可。
ある程度保存する方は葡萄の量の半分の量を使います。
レモンは、酸化防止用。
 あと、煮詰めすぎに注意。冷えれば固まります。
火を入れている間に普通のジャムのような粘度であれば煮詰めすぎです。
冷えればカッチカチに。
 経験がモノをいうかも。
 
Cビンは、ジャムを入れる前に煮沸消毒して乾かしておき
ます。ジャムを入れたら蓋をして、冷えるまで逆さまにしま
す。ビンの中の空気も消毒できます。
葡萄のジャムは意外に、他のフルーツと食べ比べても
かなり美味しいです。皆様も来年以降、チャレンジしてみ
ては??