ドロの話
皆さんの、周りにも『土』はあると思います。このページでは土がどのようにして出来る
のか、一緒にお勉強していきましょう。そして夢農場・風の詩での『土造り』に対する
考え方も併せて紹介しますネ
左の写真は以前、重機で開墾し土を削った時に露出した岩
です。この岩の事を『母岩』といいます。実は、この岩が土の
母なのです。

母岩の表面は、長い年月の間に風化して崩壊します。それ
に、特殊な植物や微生物が住みつき、二酸化炭素を出し岩
や砂をさらに細かくします。

次第にその砂に適応した植物が成長し、死ぬとその遺体を
微生物が分解して、腐食物質ができます。

やがて、砂の粒子や無機物、有機物などが増えてきて植物
が生育できる種類や量が増加します。

そして、それらの植物が死ぬと、また微生物が分解し・・・・
そんな繰り返しが気の遠くなるほど続き、土壌は発達するの
です。
今度の写真は上記での、説明を表していますね。礫層(れ
きそう)は、『母岩』が崩壊しかけている層のことです。一番
上の『有機物』の層は、落ち葉などで、今この時も、微生物
がが分解し続けています。しかし有機物が一年間に『土』に
なる量はなんと1mm程度だそうです。ね、気が長い話しで
しょう?
ほら、ただの岩だったところにも後ろの方では早くも植物が
生えていますね。ただの岩に草が生えるまでに2年かかっ
ています。

写真の岩が、わが農場の母岩、『結晶片岩』といいます。こ
の岩は西彼杵半島には普通に見られる岩です。この岩の
中のキラキラ光る「雲母」が、葡萄を美味しくしてくれるという
話を、聞いた事があります。


ドロが、どんな風にして出来て行くかはなんとなく分かっていただけたでしょうか??実はこの
『母岩』が、葡萄やミカンの味に深く関わっていると考えています。
なぜそう考えるようになったかというと、わが農場は別の土地にも、狭いながらも葡萄園を持っ
ています。それが、同じ栄養剤、同じ肥料を使っていても、全く味が違うのです。また土質も違い
ます。(どっちもオイシイんですがネ)何故土質が違うのか・・・・母岩が違うからに他なりません。
また、堆積する植物も微妙に違っているようです。


私は、夢農場の土に満足しています。『この葡萄の味で良い』と思っています。
ですから土の力を維持するために、堆肥は使用していません。この土地出身以外の植物や糞
尿を入れたくないのです。それでは、土の力をキープするために投入しているのは何か?



正解は、この土地で採れる、落ち葉や腐葉土です。私ども
の果樹園は元はただの山だったところ。当初は有機物にあ
ふれていたはず。しかし、長年の果樹栽培によって、有機
物は不足し始めます。有機物が不足し始めると土の団粒構
造が不足し始め、植物の根が良く張らなくなります。
そこでこの土地で採れる物を投入するのです。そうすること
によって、作物の味を変えることなく地力をキープできると
考えてます。


ウチの偽シェパードのミミがベッド代りにしているのは落ち
葉のベッド(笑)葡萄の収穫後、10月後半になると、毎日
毎日、90Lの袋に6杯ずつ集めます。
一本の樹に3杯くらいまくんですよ。かなりの重労働ですか
ら、毎日毎日少しづつネ。


いかがです?まるで葡萄畑というよりは雑木林の中みたい
でしょ??この落ち葉作戦は、2年に一回にすることにして
います。あまりにまきすぎると、今度は分解が追いつかず、
どんどん有機物が堆積し、地中は酸欠状態に・・・
これに、例のEMボカシとEM活性液を散布。冬の前にはカキ
ガラ石灰を散布と、秋から冬にかけての作業も色々とある
んですね〜コレ。さ、ビールでも飲みますか。
腐葉土をまく前に、ライ麦の種を植えてみましたら腐葉土をか
き分けて、芽が出てきました。ライ麦は、深く根を張り、クワを
入れずに土を耕すといわれています。また、麦類の根から出
る特別な「酸」によって、「鉄」を溶かして吸い、リン酸の効き
をよくします。らしいです。日本の土壌は酸性が多く、リン酸の
効きが悪いため、それが課題となっています。
来年の葡萄に乞うご期待!!
   (
注・手前のタワシみたいなものは、偽シェパードの尻尾です