肥料について


 夢農場では、化学肥料から有機肥料まで様々な肥料を使用しています。化学肥料には化学の良いところ
があり、有機肥料には有機の良いところがあります。
 
 ほとんどの植物は硝酸態の窒素を吸収します。相反するようですが化学肥料の問題点は主に硝酸窒素で、
流亡し地下水に紛れ込むことです。要するに樹が欲しがるだけあげれば
流亡はあまり影響はないと考えられます。要するに「余った硝酸態窒素」が問題なのです。
 
 有機肥料は安全の代名詞のように言われますが大量の有機肥料は、植物に吸収されない場合はいずれ
硝酸となり地下水汚染を引き起こします。何事も遣り過ぎ注意・・です。

 私たちの圃場の排水には当然極少量の農薬や、肥料成分が含まれます。
また私たちが使用している農業用水は、その排水や、雨水を山がろ過したものを貯めたもの。安全の指標は・・
そのプールには鯉がいて元気に泳ぎ回っていることです。


 化学肥料は、窒素、リン酸、カリ、等3要素の入った物。カリのみのもの。
またリン酸のみのもの、窒素のみのもの(単肥といいます)。
または、マグネシウムやカルシウムや鉄などの微量要素を施すことも。

葉からは、主にアミノ酸主体の液肥を散布します。

 写真はEMぼかし。樹勢が落ちた樹にはあげるようにしています。
原料はEM菌と米ぬか。米ぬかをあげてるのではなく米ぬかはEM菌の
エサに過ぎません。


 さあそれでは我が農場で、使用している有機肥料を紹介していきましょう。
まず既成品のボカシ肥料。この中には、とにかくいろんな原料が使用
されています。動物の肉や骨、魚や大豆カス。この肥料だけでも良さそうです
が、折角農業やっていますもので、こだわってみたいんです。

ボカシ肥料は字の如く効き目がボケていますが、超長効きするのが特長です。
したがって、早く効く肥料も加えなければ・・・・。
これは皆さんが美味しい美味しいと舌鼓を打った後の、カニの殻です。
カニ殻と言えば、キチン質です。含まれるキトサンは病原菌の増殖を抑え、
善玉菌(放線菌)を増やします。結果、植物の根の環境を整え、様々な肥料
の吸収を助けます。
数年前から使用しているクロレラ菌入りのボカシ肥料。クロレラは18種類のアミノ
酸、12種のビタミン、11種のミネラルや葉緑素等栄養が豊富です。
ご存じ菜種の油粕。有機肥料の代表選手ですね。緩やかに窒素を効かして
くれます。
魚粕です。即効的に効く窒素が特長ですが、うまみ成分のアミノ酸が豊富
なことでも知られています。フリカケみたいな匂い(良く言えば?)です。
美味しくなりそうな匂いです。
骨粉です。豚や鶏の骨を砕いて蒸製したものですが、実はこれは植物の実に
必須の「リン酸」の塊なんですね。これを畑にまくと??焼き鳥屋さんの豚骨
みたいな香りです。最初は何とも。。。。でしたが、慣れると、お腹が減ってきて
焼き鳥屋さんでと豚骨食べたくなります。
植物も人間もリン酸は必要のようですネ

 以上の有機質肥料を絶妙の比率でブレンドして、当農場の作物たちに施肥
しています。
これが我が農園の味の核。

したがって混ぜる比率は教えられまっしエん。(笑)たいした比率ではないです。